G Suite Security 日本語版

Por: Coursera . en: ,

Overview

G Suite のセキュリティは、G Suite Administration 専門講座の 3 番目のコースです。

このコースでは、ユーザー パスワード ポリシーや、ユーザーに対して 2 段階認証プロセス(2SV)を有効にして適用する方法など、G Suite のセキュリティのさまざまな側面に焦点を当てます。アプリケーションのセキュリティについて学び、アカウントへの API アクセスをホワイトリストに登録したりブロックしたりできるようになります。さらに、多数の事前定義済みサードパーティ製アプリケーションを G Suite に簡単に統合する方法も学びます。G Suite の SSO オプションも理解できるようになります。最後に、組織の潜在的なセキュリティ リスクを特定し、管理コンソールのツールを使用して対処する方法を学びます。

学習目標

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

- パスワード ポリシーやパスワードの再設定のオプションなど、Google のユーザー保護のデフォルト設定を行う。
- 組織で 2 段階認証プロセスを実装して適用するためのベスト プラクティスを理解する。
- 利用可能な SSO オプションを把握し、ID プロバイダに Google を使用する場合とサードパーティ プロバイダを使用する場合の違いを理解する。
- Google を ID プロバイダにして、クラウドベースのエンタープライズ SAML アプリケーションを G Suite アカウントに統合する。
- セキュア LDAP サービスを使用して、独自の LDAP 準拠アプリケーションを G Suite に統合する方法を理解する。
- 信頼されたアプリケーション以外は Google サービスにアクセスできないようにして、悪意のある攻撃を防止する。
- 組織で G Suite Marketplace を管理して、信頼されたアプリケーション以外はデバイスにインストールできないようにする。
- セキュリティ センターとアラート センターを組織のセキュリティとプライバシーの問題の特定、優先順位付け、対処に役立てる。

前提条件

このシリーズの最初の 2 つのコース(Introduction to G Suite と Managing G Suite)を完了している必要があります。

Plataforma