• 0( 0 VALORACIONES )
    ALUMNOS

    IT技術が発達した現代においては、「電気で動くほぼすべての機械にプログラムが組み込まれている」といっても過言ではないほど、各種電子機器でプログラムが用いられています。身近な例で言えば、パソコンやスマートフォンといった機器では数多くのプログラム(いわゆるアプリ)が動作し、様々な機能をユーザに提供しています。このように現代の生活においてプログラムは必要不可欠な物であり、それの出来が機器の性能や便利さを決定しています。 一方で、パソコンやスマートフォンのプログラムを自由に書け、自分好みの機能を追加できる、という人は決して多くはありません。高校や大学等の講義で「プログラミング」を学習した方も多いと思うのですが、そうした人達の多くは、そこで得たプログラミング技術を実生活の中で生かせていないのではないでしょうか。そこで本講座では、単なる演習ではなく、実際に生活の中で役立つプログラムが書けるような技術を身につけることを目標として、プログラミングを学習します。 プログラミング言語には、Javaを用います。大学の講義等ではC言語がよく用いられていますが、この言語は初心者にとって難しく、あまり使い勝手のよい言語ではありません。そこで、より簡単にプログラムが書けるJavaを用い、プログラミングの楽しさを知っていただきます。また、最終的には図形描画ツールの作成を目的としていますが、その作成を通じて、「オブジェクト指向」プログラミングの概念について学習します。このオブジェクト指向という考え方は、プログラムを非常にわかりやすく、書きやすくしてくれる概念ですので、是非考え方を理解し、それに従ってプログラムを書けるようになってください。 なお、本講座はプログラミングがテーマですので、ビデオを視聴するだけではなく、実際にプログラムを書く必要があります。各ビデオの終わりには「演習問題」が出されますので、それを各自パソコン上で解き、その後、次のビデオを視聴する、といったスタイルで学習してください。

    Fecha inicio: 14-11-2017
    GRATIS